抗うつ剤があなたを救う

心が元気になれる抗うつ剤を選ぶヒント|気持ちすっきり薬チェック

薬の強さを考え服用

聴診器

抗うつ剤によって強さは変わり、その分副作用も多くなるといわれています。心の状態としっかり向き合いケアを進めることが必要なので、相談をしやすい医師やカウンセラーを見つけておきたいところでしょう。

薬をやめる為に必要なこと

医薬品

抗うつ剤で深刻視されるのはやめた際に起こる離脱症状です。量を抑えたいという場合は、日常の生活習慣を見直したり、摂取方法を変えたりするなどの工夫が求められるといえます。

体調とのバランスも考える

葉っぱ

身体の負担を考えながら抗うつ剤を飲むことが必要ですが、量を中々減らすことができない人もいます。しかし、何かしらのきっかけで決別できる場合もあるため、根気よく薬の減量に取り組むことが大切です。

薬ごとの違いを知る

女性

抗うつ剤は主に三環系抗うつ剤と四環系抗うつ剤、選択的セロトニン再取り込み阻害薬、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬に大きく分けられます。これらはうつ状態のレベルによって相性が決まってくるため、医師との相談を重ね、安全で確実な効果を発揮してくれるものを選ぶ必要があります。服用することにより気分を安定化させることができるので、続けていくことで気分のコントロールが行ないやすくなるでしょう。しかし、副作用を伴うため、身体の状態も把握しながら抗うつ剤を用いた治療プランを組んでおく必要があります。なお、効果は強く副作用もそれに応じて多くなるといわれているのが三環系抗うつ剤です。神経を安定するモノアミンやセロトニン、ノルアドレナリンの吸収を抑え、気分が落ち込んでしまうことを防いでおくことができます。摂取すると主に喉が乾く、めまい、ふらつきといった副作用を感じることがあります。また、用法用量を守らなければ命に関わってしまう恐れもあるため注意しておきたいところでしょう。医師からのアドバイスをもらい、安全な服用を進めておく必要があります。

三環系抗うつ剤以外にも、四環系抗うつ剤も治療に用いられます。他の薬と比べて効果は薄いといわれていますが、眠りを深くする効果を持っているので、不眠症をともなう症状に悩まされているときに選んでおきたい治療薬です。飲みはじめて一週間くらいで効果を実感できるということで、即効性を求めているときに選んでおきたいところでしょう。うつ病は気分の低下以外にも食欲の低下や眠りの浅さを感じる場合もあります。これまでと心や身体の状態に異変を感じるようになったら、うつ病であるかチェックを行ない、治療を始めておきたいところです。今ではネットからでもうつ病のチェックテストを受けることができるため、そこで、自分の心の状態について把握しておくと、症状が浅いうちに治療に取り組め、回復もその分早めていくことができます。また、うつを克服するためには摂取する抗うつ剤の量も調整しておくことが必要です。うつの状態について詳しく、丁寧にサポートをしてくれる医師を見つけることも重要なポイントになってくるでしょう。

抗うつ剤というと命に関わるくらい身体に負担を掛けたりするイメージがつきがちですが、安全面を追求したい場合は選択的セロトニン再取り込み阻害薬の服用も考えておいた方が良いでしょう。セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれ、選択的セロトニン再取り込み阻害薬を摂取することにより気分の低下を防いでいくことができます。四環系抗うつ剤よりは安定した効果が得られ、副作用も少ないということで多くの人が選ぶようになっています。多くの精神科や心療内科で処方しているため、これからもうつ病の治療において重要な存在になってくれるでしょう。また、薬物療法以外にも運動療法など色んな治療プランがあるため、薬に頼りすぎず、バランス良く心の状態を整えていく習慣を続けていくことが重視されます。実際にうつ病を克服した人の体験談もチェックしておくことで、よりスムーズな改善が期待できる方法が見つかるでしょう。