医師とナース

心が元気になれる抗うつ剤を選ぶヒント|気持ちすっきり薬チェック

  1. ホーム
  2. 薬の強さを考え服用

薬の強さを考え服用

聴診器

即効性がある抗うつ剤といったらスルピリドが挙げられますが、用量によって改善できる症状に違いが現れるといわれています。うつ病より深刻な精神病として統合失調症が挙げられ、改善が難しい病気といわれています。スルピリドは用量を多めにすることで統合失調症の改善効果が期待できるといわれています。なお、副作用も強いといわれているため、身体へのストレスが深刻化しないように注意して服用しておきたいといえるでしょう。なお、抗うつ剤として用いる場合は低用量に留めておくことが大切であるといえます。特殊な抗うつ剤ということで、現在では中々治療に用いられることがありませんが、症状が深刻である場合の選択肢として注目されるようになっています。

抗うつ剤を間違えた方法で服用すると、副作用によって新たな病気を羅患する恐れがあるため、更に気分の低下を招いてしまう恐れもあります。なお、最近では身体に負担の掛かりにくい安全性を追求した薬も展開されるようになっているため、それらを選ぶことでスムーズなうつ病の改善が期待できます。また、実際にうつ病を克服した人の体験談を知っておくことも良いヒントを得るためには大切なポイントであるといえます。どんな抗うつ剤を飲んでいたのかを知ることにより、抱えている症状に見合った薬を見つけることに繋げられるでしょう。まずは少量から服用してみることが大切です。なお、精神病や心療内科によって薬の処方の対応に違いがあるため、ネットでの評判を参考にしながら安心して通えるところを見つけておきたいところです。

メンタル面の調子を整える効果を持っている抗うつ剤は、胃腸の活動をサポートする効果を持っているタイプもあります。ストレスを感じてしまうと胃が痛くなり、気分も更に不安定になってしまいます。今では中々処方されないスルピリドですが、これらの症状にも効くといわれているので、食欲低下の改善にも期待ができるでしょう。少しずつうつの症状を改善していくことにより、必要な薬の量も減っていきます。最終的に飲まなくても気分のコントロールができるようになれば、毎日の生活への意欲を高めていくことが叶います。また、薬物療法と合わせて心理カウンセラーとの相談を重ね、悩みの原因を解消するヒントを得るという方法もあります。心理カウンセラーがいる精神科や心療内科は多いため、抱えているストレスについて話を聞いて欲しいという場合に注目しておくことが大切です。

精神科や心療内科でのケアを受けるとなったら、定期的に通えるところであるかどうかも知っておきたいところです。人のメンタルは時期によって変化を繰り返していくため、症状が緩和した場合でも、何かのきっかけで悪化する恐れもあります。これらのサインをいち早く見つけケアをしていくことでうつ病による深刻な事態を防いでおくことができます。また、自分でストレスを上手く解消する方法を見つけておくことも大切です。趣味を見つけ没頭したり、お出かけをして気分転換をしたりすることでうつ病の悪化を防いでいくことが叶うでしょう。今では若い世代もうつ病に悩まされやすいといわれているため、これからも治療方法は増えていくと予想されます。