医師とナース

心が元気になれる抗うつ剤を選ぶヒント|気持ちすっきり薬チェック

  1. ホーム
  2. 薬をやめる為に必要なこと

薬をやめる為に必要なこと

医薬品

抗うつ剤は精神面を安定させるために必要なものですが、これらをやめるには副作用の症状と向き合うことが必要になってきます。量を少なくすると自律神経が不安定になり、不安な気持ちに襲われてしまう場合があります。それにより、再び抗うつ剤を摂取しようという欲求に駆られてしまう状況に発展してしまいます。病気が悪化することもあるため、上手く離脱症状と向き合っていくことが肝心になってくるでしょう。特に用いられる方法といったら徐々に量を少なくするということです。一気に量を抑えてしまうと神経は混乱するため、専門の知識を持っている医師から服用方法についてアドバイスをもらうことが求められます。指導にしたがって抗うつ剤の量を調整していくことで、離脱症状による苦しみを回避することができるのです。

離脱症状が重いといわれているのが選択的セロトニン再取り込み阻害薬であり、うつの症状が一気に和らいだ場合でもしばらくは一定量を飲んでいくことが肝心になります。他にも抗不安薬や精神安定剤、睡眠薬も量の調整が必要であり、すぐには抗うつ剤と決別することは難しいといえるでしょう。また、離脱症状については身体の状態も関係しているといわれています。体力が低下し、ストレスによる耐性が弱くなっていると神経が過敏になってしまいます。そのためにも十分な休息を取ったり、運動をしたりして安定させていくことが大切でしょう。人によって効果的な体力の回復方法は異なってくるため、色んな方法に挑戦してみるのも大切であるといえます。

副交感神経の働きを抑えてしまうということで、抗うつ剤の離脱症状は気分的にあまり良くない状態が続いてしまいます。似たような作用をする成分の摂取も控えておくことが必要であり、それによって抗うつ剤の量を減らすことに繋げやすくなります。主にカフェインや砂糖が挙げられるため、普段からコーヒーやお菓子を取り入れている場合は、抗うつ剤と同じように量を控えておきたいところです。また、交感神経の働きを抑えたいという場合はストレッチや呼吸法を取り入れるという方法もあります。静かな環境で瞑想し、呼吸を繰り返していくことで心への負担を軽くすることに繋げられます。毎日の習慣に取り入れておくことにより、抗うつ剤が必要のない健康な心を取り戻すことが期待できます。

離脱症状には不眠も挙げられますが、眠れない状態であってもベッドに入り目を閉じておくことも大切です。脳を休める効果を持っているので、疲労回復が期待できるでしょう。特に気を付けておきたいのが眠る時間を守るということです。毎日バラバラの時間帯となると、自律神経は混乱し、気持ちも不安定になってしまう恐れがあります。また、スマホのライトは神経に刺激を与えてしまうといわれているため、就寝前は操作を控え、眠りに入りやすい準備を整えておくことが求められます。人によってはストレッチやヨガを取り入れる場合もあるでしょう。血流を促進させることにより、身体を温め眠りに落ちやすいようにしておくことができます。自分にあった方法を見つけることで神経の調子を上手くコントロールでき、気分の回復に繋げられるでしょう。